ラブレ菌

すぐきかぶ

活性型乳酸菌トレイルエスワン

(財)ルイ・パストウ―ル医学研究センター

(財)ルイ・パストウ―ル医学研究センター

岸 惇子博士 撮影

TRAIL

2010年、(財)ルイ・パストウール医学研究センターと京都府立医科大学は、FEBS Lettersに植物性乳酸菌(Lactobacillus plantarum s1)がTRAILを活性化するという報告を世界に先駆けて発表しました。それが植物性乳酸菌トレイルエスワンなのです。(財)ルイ・パストウール医学研究センターは、ヒト白血球インターフェロン研究の第一人者でもある、故岸田綱太郎博士が設立した研究所で、ラブレ菌に代表される植物性乳酸菌を世に送り出した研究機関です。そして単に植物由来と言う事だけではなく、サイトカインの活性などを測定して、分離した乳酸菌を検証し、活性の高い乳酸菌をスクリーニングしている所が特徴です。TRAILとは、リンパ球、単球などの免疫系細胞が産生するサイトカインの一種で、がん細胞を特異なターゲットとして作用し、がん細胞にあるTRAIL受容体に結合、アポトーシス(細胞死)を誘導し、がん細胞を死に至らしめます。こうした作用からTRAIL受容体をターゲットとする抗がん剤の開発が、多くの研究者たちによって進められているのです。当社はトレイルエスワンを、全ての方々の健康と美容に役立たせるための研究に邁進しております。

Ryuji Osanai

Lactobacillus Plantarum S1         トレイルエスワン