指の発生の様子

がん細胞にプログラムされた死(アポトーシス)を

アポトーシスという現象では細胞死の際に、細胞に対してシグナルが送られ細胞が秩序を持って死んで行く現象です

受精し卵から胎児まで成長する現象は、一般に発生と呼ばれる現象ですが、この発生では進化の記憶をたどりながら胎児まで変化して行くと考えられています。その際には必ず生物が水中で暮らしていた記憶として、水掻きが指と指との間に形成されます。これは最終的に退行するのですがこの時の細胞死がアポトーシスと呼ばれる現象です。オタマジャクシがカエルに変態する際に尾が退行しますがこれもアポトーシスです。アポトーシスというのは、秩序のある死であり、一定のルールに従った形の中での細胞死なのです。がん細胞の死も、この一定のルールに従った形での死であれば体全体への影響も軽く、副作用も少なそうだと考えられます。

TRAILというサイトカインは、、がん細胞にアポトーシスを起こさせる特別なサイトカインです。乳酸菌トレイルエスワンは、このサイトカインTRAILを活性化させる事が証明された優れた乳酸菌です。

Lactobacillus Plantarum S1         トレイルエスワン